ふくらはぎのセルフマッサージ

血行促進させる、ふくらはぎのセルフマッサージになります。
膝の裏側にある委中(いちゅう)、ふくらはぎの真ん中にある承山(しょうざん)、アキレス腱の外側にあるくぼみ崑崙(こんろん)の3つのツボを使って行います。

まずはふくらはぎの下から上に向かって肉の間に両手の親指を押し込むようにマッサージをし、10往復程度行います。
次にふくらはぎの外側を両手の手の平の付け根あたりで押し込むようにして、下から上に10往復程度マッサージを行います。

長時間にわたる立ち仕事やデスクワークなどで足(ふくらはぎ)を酷使してしまった後、または湯船につかりながらこちらのマッサージを行ってみてください。血行が良くなるのでポカポカと温かくなってくるのを実感できるはずです。

循環器系の疾患がある方は強くやり過ぎないよう注意し、試してみたいけど不安のある方は主治医の先生にご相談してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事